新電力会社で探す

リミックスでんきを徹底解剖!他にない料金プランで賢く節約!

新電力会社で探す

「仮想通貨付与プラン」はリミックスでんきにしか無い、唯一無二の魅力的なプランです。

「電気代割引プラン」では、使用量に関わらず地域電力会社から切り替えなら基本料金・従量料金共に5%OFFになります。

そんな「リミックスでんき」の料金プランや料金について詳しく解説していきます。

※沖縄電力エリアは対象外

電力量料金とは

電力量料金とはいわゆる「電気代」です。

電力量料金は、一般的に「20A〜60A」1契約の基本料金を支払い、使用した電力量に合わせて料金を支払います。

【一般的な契約A(アンペア)数】
20A1人世帯
30A1人又は2人世帯
40A3人世帯
50A4人世帯やエアコンなど消費電力の多い家電を使う世帯
60A家族の多い世帯や一日中電化製品を使う世帯
60A超過オール電化の場合など
一般的な目安

従来の電力会社との料金比較

従来の地方電力会社の料金
電力量料金=1kWhあたりの単価 ※関西〜沖縄電力基本料金なし
リミックスでんき:電気代割引プランの料金

電力量料金=1kWhあたりの単価 ※関西〜四国電力基本料金なし

沖縄電力エリアに、電力は供給していませんが、かなり安くなっていることが分かります。

分かりやすく世帯別電力料金で比較してきます。

従来の地方電力会社の場合
世帯人数電気量平均東京電力エリア関西電力エリア
1人暮らし1日6.1kWh・月185kWh4,964.8円4,144.71円
2人世帯1日10.5kWh・月320kWh8,621.4円7,675.36円
3人世帯1日12.2kWh・月370kWh10,435円9,110.36円
4人世帯1日13.1kWh・月400kWh11,639円9,971.36円
5人世帯1日14.8kWh・月450kWh13,453.5円11,406.36円
※総務省統計局の家計調査による全国平均値  【一般的な契約A(アンペア)数】より算出
リミックスでんき:電気割引プランの場合
世帯人数電気量平均東京電力エリア関西電力エリア
1人暮らし1日6.1kWh・月185kWh4,443.75円3,936.7円
2人世帯1日10.5kWh・月320kWh8,188.9円7,290.2円
3人世帯1日12.2kWh・月370kWh9,912.2円8,653.2円
4人世帯1日13.1kWh・月400kWh11,055.1円9,471円
5人世帯1日14.8kWh・月450kWh12,778.8円10,834円
※総務省統計局の家計調査による全国平均値   【一般的な契約A(アンペア)数】より算出

東京電力エリアで月額521円〜674.7円年額6,252.6円〜8,096.4円

関西電力エリアで月額208.01円〜572.36円年額2,496.12円〜6,86.32円も節約できることが分かります。

「リミックスでんき」が選ばれる理由

電気供給の流れは今まで通り

既存の電力会社の配電送ネットワークを使用しているため今までと変わらない品質で電気をお使いいただけます。

リミックスでんきのプラン

リミックスでんきには、2つの料金プランがあります。

電気代割引プラン

使用量に関わらず地域電力会社から切り替えなら基本料金・従量料金共に5%OFFになりるプランになります。

【一般的な契約A(アンペア)数】より算出した(基本料金込み)電力量単価は、

世帯電力量単価
1人暮らし
20A
24.02円/kWh
2人世帯
30A
25.59円/kWh
3人世帯
40A
26.78円/kWh
4人世帯
50A
27.63円/kWh
5人世帯
60A
28.39円/kWh
東京電力エリア

基本料金0円の他社との比較しても圧倒的に節約できます。

新電力会社電力量料金比較
リミックスでんき24.02円詳細
どこよりも電気26.3円詳細
Looopでんき26.4円詳細
シン・エナジー26.3円詳細
東京電力エリア1人世帯(20A)料金で比較

仮想通貨付与プラン

料金は従来の電力会社と同じ料金になり、「電気代割引プラン」での割引分がビットコインで還元されます。

ビットコインに市場規模は現在も拡大中で2013年に1ビットコイン7,110.66円だったのが、2021年現在では1ビットコイン5,358,053.25円(753倍)まで上昇しています。

※2021年12月30日現在のチャート画像になります

これからも高騰をを続けるかは分かりませんが、上昇したら「電気代割引プラン」より圧倒的に得をします。

毎月の電気代節約分を投資すると考えたら、損をしている訳ではありませんので検討しても良いプランかと言えます。

まとめ

気軽に投資できる魅力的な「仮想通貨付与プラン」

他社に無いビットコインで還元されるプランで節約と投資を同時にできてしまいます。

高騰した場合は老後の資金として大きく活躍することが期待できます。

反対に、価値が下がってしまうと、従来の電力料金を支払っているのと変わりませんが、電力会社を切り替えていないと考えると損をすることはありません。

あなたに合ったプランで賢く節約していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました