新電力会社で探す

サステナブルでんきは電気代をどのくらい節約できるの?

新電力会社で探す

圧倒的に安い新電力会社をご存知ですか?

今回はサステナブルでんきの料金を、他社と比較してどのくらいお得なの詳しく解説していきます。

公式サイトより引用

サステナブルでんきの料金

従来の電力会社と比較した料金表がこちらです。

従量電灯B
公式サイトより引用
従量電灯C
公式サイトより引用

圧倒的に安いですが、イメージが沸きにくいかと思いますので、世帯別に比較してみます。

【世帯別消費電力表】
世帯人数電気量平均
1人暮らし1日6.1kWh・月185kWh4,678.8円4,440円
2人世帯1日10.5kWh・月320kWh8,621.4円7,680円
3人世帯1日12.2kWh・月370kWh10,435円8,880円
4人世帯1日13.1kWh・月400kWh11,639円9,600円
5人世帯1日14.8kWh・月450kWh13,453.5円10,800円
※総務省統計局の家計調査による全国平均値

月額524.8円〜2,653.5円年額6,297.6円〜31,842円と、とてつもなく節約できることが分かります。

また、どの世帯でも圧倒的な節約が実現します。

基本料金0円の新電力会社と比較

新電力会社電力量料金
24.0円詳細
26.3円詳細
26.4円詳細

上記の通り「その他新電力会社」よりも圧倒的です。

なぜこんなに安いのか?品質は大丈夫なのか?そんな疑問が浮かびます。

価格と品質

システム等の自動化でコストを最大限まで削減して圧倒的な安さで提供しています。

公式サイトより引用

また、送配電部門(電気を電線などから供給する)は大手電力会社が担っているため、「質」や「停電」のリスクはありません。

デメリットがあるならば、オペレーション等が自動しているため、対応時に混み合い、不十分な可能性があると言えます。

その他エリアの料金

お住まいのエリア料金をご確認ください。

北海道電力エリア従量電灯B
北海道電力エリア従量電灯C
東北電力エリア従量電灯B
東北電力エリア従量電灯C
北陸電力エリア従量電灯B
北陸電力エリア従量電灯C
中部電力エリア従量電灯B
中部電力エリア従量電灯C
関西電力エリア従量電灯A
関西電力エリア従量電灯B
中国電力エリア従量電灯A
中国電力エリア従量電灯B
四国電力エリア従量電灯A
四国電力エリア従量電灯B
九州電力エリア従量電灯B
九州電力エリア従量電灯C

まとめ

キャンペーン等はありませんが、基本料金0円で圧倒的に電力量料金が安いです。

新電力会社への切り替えは、切り替えるという「1回の手間」で驚くほど節約ができます。

新電力会社は不安だと思われるかも知れません。

そんな方は一度プロに相談してみることをお勧めします。

相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました